肘当て呼吸投げ

審査稽古最終週 通常通りのそれぞれの審査稽古の課題の他に 今日は、肘当て呼吸投げの稽古を行いました。 肘当て呼吸投げは、 立っている人間が一番不安定になる状態、つま先立ちで重心が身体の上方に上がっている状態を少ない動作で作り出す事ができます。 この状態になると、子供の小さな力でも大人を振り投げる事ができます。 緑合気道クラブでは親子会員の小学生が多いのですが、みんな大人をポンポン投げ飛ばしていました。 #稽古日誌

4月が近づいてくると

暖かくなるにつれ 新たに覇天会、円和会に入会されたり、体験に来られたりする方々が増えますが、同時に進学や環境の変化で同じ道場に通えなくなってしまう方々もいらっしゃいます。 緑は親子会員が多いので、一緒に稽古を続けてきた親子が来られなくなってしまうのはやはり寂しいものです。 願わくば、合気道を続けられてまた通える様になったら緑に顔を出して頂けたらと思います。 緑の卒業生がいつでも帰ってきて参加出来るように、ずーと緑合気道くらぶは同じ時間、同じ場所で稽古をお待ちしています。 本日も審査稽古月の為、はじめ15分 16の受けを行いその後、各々の審査科目の稽古を行いました。 方手取り四方投げ、正面打ち第三教裏、肘当て呼吸投げからの第一教とみなさん随分上手くなられもう昇級審査を受けても大丈夫な状況です。 審査ガンバッテ下さい。 #稽古日誌

稽古開始時間変更のお知らせ

次週 2/28より 緑合気道くらぶの開始時間を変更します。 稽古場所の開場時間と稽古開始時間が同じで準備等に課題があった為、 2/28より稽古開始時間を30分繰り下げて運営することとしました。 今後は 9時15分開場 9時30分稽古開始 と致します。よろしくお願い申上げます。 #連絡事項

審査稽古

2月14日は審査稽古を行いました。 覇天会/円和会では 偶数月 審査稽古 奇数月 通常稽古 としています。 通常稽古月は様々な合気道技に触れ 審査稽古月は自身の技を深く理解するよう、昇級を目標に稽古をします。 合気道にふれたばかりの方には通常稽古時に出会った合気道の技は複雑でなかなか覚えられないかもしれません。しかし、その技は必ず後々の審査稽古に出てきてユックリ理解出来ます。また昇級、昇段で既に合格した技も通常稽古にてまた出会い、型としてでは無く、技としての理解の深化が深まります。 この様なカリキュラムで稽古は進んで行きます。 #稽古日誌

050-5539-2157

(留守録折り返し)