小手返し

円和会では初級の内から伝統型の正面突き小手返しを稽古しますが、これに合せ組手技の小手返しを稽古しました。 組手型の方が単純な動作と型ですが、実際やってみると手首、肘、肩が的確な角度にならないと極まらないことがわかります。手首だけひねっても人は投げられないのです。身体の中心で相手の手首をとらえること、適切な角度で極めること、この2つが出来ないと小手返しはかかりません。 伝統的な合気道の型を繰り返し実施するのは重要ですが、実際に技がかかるコツを習得する為にも組手形を稽古に取り入れるのは重要かと思います。 小手 #稽古日誌

出稽古者多数

4月は審査月ということもあり、緑にも出稽古に来られる方が多い。皆それぞれの審査科目のおさらいや不明点の確認を真剣に行っている。覇天会/円和会では2ヶ月に1回審査月をもうけ、その月は自身の昇級科目の稽古によって、技の深度を深める。 合気道は相手がいないと実際の稽古が困難な為、自然と出稽古での練習が増える。 円和会は各支部への出稽古自由 覇天会でもスポット料金で各支部での出稽古が自由となっています。 自身の予定で稽古数が増やせるので是非有効活用下さい。 #稽古日誌

二方向の動作

4月4日 以前日本橋支部に来られていた生徒さんが、再度稽古したいとのことで 4月より緑合気道くらぶに参加されることになりました。 半年ほど期間が開いていたとのことで、開きの動作を行った後 同時複数の動きが崩しに効果があることを理解して頂く為に、上段腕がらみを自由に動きながら稽古しました。 合気道の型には左右に動きながら上下にも動かす動きが頻繁に出てきます。人間は瞬時に反応した時に押された方向と同方向か逆方向に反射的に動きます。ここに上下の動きが加わると相手は全く対処出来ず、コロンと転がってしまいます。 なかなか型ではやっていても、いざという時にこの二方向の動作を行うのは困難だと思います。日々の練習にて実際に自由に動きながらこの動き方を気にして体得する必要があります。 実際やってみると難しいですが、かかった時には思った以上軽く相手が転がるので面白いです。 最後に乱取りを行って稽古を締めました。 #稽古日誌

正面打ち第三教 表

本日の稽古は、先週に引き続き正面打ちからの第三教 表と組手形の三教でした。 三教も型としてとらえてしまうと、手を取る際や極める際に相手に効いていない状態で受け手が上手く動いて何となく掛かっている様に錯覚してしまう型です。 伝統型と組手形を交互に稽古すると良く分かります。 本来の位置取り、手の取り方含めて一つづつの動きが重要なのだと改めて感じました。 #稽古日誌

肘当て呼吸投げ

審査稽古最終週 通常通りのそれぞれの審査稽古の課題の他に 今日は、肘当て呼吸投げの稽古を行いました。 肘当て呼吸投げは、 立っている人間が一番不安定になる状態、つま先立ちで重心が身体の上方に上がっている状態を少ない動作で作り出す事ができます。 この状態になると、子供の小さな力でも大人を振り投げる事ができます。 緑合気道クラブでは親子会員の小学生が多いのですが、みんな大人をポンポン投げ飛ばしていました。 #稽古日誌

4月が近づいてくると

暖かくなるにつれ 新たに覇天会、円和会に入会されたり、体験に来られたりする方々が増えますが、同時に進学や環境の変化で同じ道場に通えなくなってしまう方々もいらっしゃいます。 緑は親子会員が多いので、一緒に稽古を続けてきた親子が来られなくなってしまうのはやはり寂しいものです。 願わくば、合気道を続けられてまた通える様になったら緑に顔を出して頂けたらと思います。 緑の卒業生がいつでも帰ってきて参加出来るように、ずーと緑合気道くらぶは同じ時間、同じ場所で稽古をお待ちしています。 本日も審査稽古月の為、はじめ15分 16の受けを行いその後、各々の審査科目の稽古を行いました。 方手取り四方投げ、正面打ち第三教裏、肘当て呼吸投げからの第一教とみなさん随分上手くなられもう昇級審査を受けても大丈夫な状況です。 審査ガンバッテ下さい。 #稽古日誌

審査稽古

2月14日は審査稽古を行いました。 覇天会/円和会では 偶数月 審査稽古 奇数月 通常稽古 としています。 通常稽古月は様々な合気道技に触れ 審査稽古月は自身の技を深く理解するよう、昇級を目標に稽古をします。 合気道にふれたばかりの方には通常稽古時に出会った合気道の技は複雑でなかなか覚えられないかもしれません。しかし、その技は必ず後々の審査稽古に出てきてユックリ理解出来ます。また昇級、昇段で既に合格した技も通常稽古にてまた出会い、型としてでは無く、技としての理解の深化が深まります。 この様なカリキュラムで稽古は進んで行きます。 #稽古日誌

十六の受け

1月22日は横浜関内支部の覇天会に出稽古に伺いました。 本日の稽古内容は十六の受けでした。 実は自分は柔道出身でしたので、覇天会で稽古を始めるまで打撃に関しては全く知識が無く、むしろ恐怖心がありました。 恐怖心は呼吸を乱し、隙を作り、体制を崩します。 当初は緊張のあまり、身体が硬直し、息が切れ30秒と持ちませんでした。 覇天会では順突き、逆突きから始まり、上段蹴りやインロー、前蹴りに対する基本的な受け方(十六の受け)が稽古に組み込まれています。 また、稽古は相対で行う為、自身も打撃の練習も行います。 自分は打撃はやりたくない。専守防衛、護身術で留めたい と思われている方も、打撃の稽古と受けの稽古はお勧めします。 知ることにより冷静に対処し、次の技が繰り出せる様になりますし、 恐怖心の克服にもなります。 覇天会、特に円和会では打撃の組手は希望者のみになっていますので 型や防具をつけたライトなスパーだけの参加も可能です。 #稽古日誌

2015年 初稽古

17日 緑合気道くらぶ の初稽古を行いました。 稽古内容は 年始の稽古と言うことで、基本に立ち返って 基本の動作の内、入身/転換、転身を重点的に行い最終的に横面打ち入身突きを完成させる稽古を行いました。 入身の動作から入身突き 転身の動作から横面打ち 入身の動きを対人でゆっくり稽古することによって、相手の崩しが可能な間合い。タイミング、位置取り、そして崩しへの連携が稽古できます。 緑合気道くらぶは、親子会員が多い為、小学生の会員も多く なかなか型からの考察や自宅での基本動作の反復練習が取れないと思われるため、上記の様な稽古方法を普段から実践しています。 型を形成する部分、部分の動きを理解することにより正しい動作と姿勢が取れるようになります。 そして新年も、大きく元気に声を出して、新年の初稽古を終えました。 会員の皆様、今年もよろしくお願い申上げます。 #稽古日誌