横面打ち四方投げ


1月31日

本日の緑 円和会は宗家に来て頂きました。

今週の緑は転身、開きの動作にフォーカスして稽古を行いました。

転身、開きの基本動作から

横面打ちの練習

そして横面打ちを受け流して、四方投げを完成させるまで

技を分解して一つづつ組み上げていきました。

開きの動作の足の位置が相手に崩しをあたえる重要POINTであること

四方投げの手を肩に付け手では無く肘を後方下に落とすこと

宗家の技の説明は、正面から右後方に130度、相手の足の間を底辺にして正三角形の頂点等とわかりやすい内容で解説していて誰でも理解できる理路整然とした解説です。

私も宗家の技の構成説明、ポイントを見習いながら今後の稽古、指導に努めたいと思います。

覇天会/円和会 緑には、不定期ですが月に1度の頻度で宗家の藤崎先生のご指導を受けることができます。


72回の閲覧

050-5539-2157

(留守録折り返し)