小手返し


円和会では初級の内から伝統型の正面突き小手返しを稽古しますが、これに合せ組手技の小手返しを稽古しました。

組手型の方が単純な動作と型ですが、実際やってみると手首、肘、肩が的確な角度にならないと極まらないことがわかります。手首だけひねっても人は投げられないのです。身体の中心で相手の手首をとらえること、適切な角度で極めること、この2つが出来ないと小手返しはかかりません。

伝統的な合気道の型を繰り返し実施するのは重要ですが、実際に技がかかるコツを習得する為にも組手形を稽古に取り入れるのは重要かと思います。

小手

#稽古日誌

0回の閲覧

050-5539-2157

(留守録折り返し)